俺得修学旅 男は女装した俺だけ 俺得修学旅 あらすじネタバレ画像付き|奥森ボウイの女装エロ漫画

第3話 夜這いで3P(1) あらすじネタバレ

おいしいハーレム展開の連続に
期待とチンポは膨らみっぱなし!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
俺得修学旅行 男は女装した俺だけ!!
スマホで無料試し読みはコチラ

【コミなび純稿】俺得修学旅行  男は女装した俺だけ!!3~5話ver3

修学旅行2日目の自由行動の時間がやってきました。

勇太にとってこの時間はものすごくいやな予感がしていたのですが、予感は的中したのです。

ルナは地元のチンピラと絡まり、勇太はビクビクしていました。
そんな勇太とは対照的にルナはやる気満々の様子。
そんなルナを勇太はエッチのときよりもイキイキとしているように見えたのでした。

そこへなにやら怪しい薬のようなものが投げ出され、すごい異臭を放ちます。
その隙に、勇太とルナをチンピラから話すように誘導する一人の学生が現れました。

ルナは彼女のことを「尾保ちゃん」と呼びます。
尾形保奈美で尾保ちゃんなのですが、本人はその呼び方が気に入らないようでした。
勇太は恐れていたけんかを保奈美によってま逃れることができたのです。
しかし、この尾形保奈美という学生は、なんと星女三巨頭の一人なのです。
理系女の彼女は自ら作成した試薬の効果を手時かな人間で実験しようとする少しアブナイ人なのです。

ルナはここの後処理をするからと、勇太を旅館まで連れて行くように保奈美に頼み、勇太が男だという秘密を明かすのでした。

保奈美は勇太を旅館まで案内してくれるのですが、様子がおかしいのです。
どうやら、男に免疫がないようで、若干緊張していらっしゃる模様。
そして、用事があるといい、勇太は途中で一人残されてしまったのでした。

実は、保奈美はこの時点であることをたくらんでいたのです。
そして、そのたくらみは夜に実行されるのでした。

その夜、佳織と勇太が寝ている中、白衣を着た保奈美が忍び込んできます。
彼女のたくらみが今始まろうとしていたのでした。


▼今すぐ続きを読むならコチラ▼
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
俺得修学旅 男は女装した俺だけ
コミなびで無料立ち読み